資金調達

2012年2月 9日 (木)

資金調達 即日お手元に

資金調達でお急ぎの方に

即日利用可能な資金調達方法を紹介いたします。

  1. モビット
  2. アコム
  3. プロミス

その他の資金調達 方法はこちらに
→ 消費者金融比較キャッシングガイド

→ モバイル版サイトはこちら

2012年2月 8日 (水)

個人の資金調達

個人の資金調達の方法は多くはありません。


  • 勤めて得る給料

  • 財産の処分

  • 借り入れ


給料に関してはほぼ全ての方が得ている方法でしょう。

財産の処分とは、大きいもので言うと家・車など、小さな物なら古本・DVDなどがあります。

家や車などは処分できず、本やDVD,ゲームソフトなどの処分では追いつかず、給料までの期間に急な入用が出来てしまった、と言った事態になったときに、消費者金融・キャッシングなどから借り入れを行うものと思いますが
その際に、どういった基準で業者選びをするでしょうか?

私ならまず、金利の安さをみます。

自分が幾ら借りて、返済が終わる頃には幾らの利子を払うことになるのか
利息分がそのまま損失になるわけですから、重要なことだと思います。

とはいえ、全部イチから調べてまわるのもしんどいので
比較サイトなどを見るのがやはり手っ取り早いですね。

役に立つキャッシングに関する比較サイト

2012年2月 7日 (火)

資金調達におすすめの方法

資金調達におすすめの方法をお教えいたします。

それはカードローンによるキャッシングです。

昨今、"急な入用"や"即日入金"といった甘い謳い文句で誘い
闇金融やクレジットカード現金化などに誘われることが多くなっておりましたが
結局はグレーまたはブラックな商売なので、急場は凌ぐことができても、その後の返済に追われ、結果資金繰りに破綻してしまうケースが後を絶ちません。

消費者金融によるキャッシングも同様、以前は問題視されていましたが
貸金業法改正の影響から問題点がかなり改善され
低金利での資金調達に非常に役立つ方法となっています。

また、消費者金融各社が銀行と業務提携をすることで
銀行系カードローンも多く見受けられるようになりました。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなどが最たる例です。

消費者金融最大手のプロミスが実質年率6.3%~17.8%に対し
バンクイックは実質年率4.6%~14.6%と非常に低金利設定になっており
また、利用限度額も最大500万円と資金調達には充分な額が用意されています。

消費者金融の凋落からグレーな金融業者が跋扈しましたが
決して安易に流されてはいけません。

大手銀行系カードローンなら年間に支払う利息も断然お安くなります。
当日の資金調達もバンクイックなら対応している模様なのでお急ぎの方も安心ください。

安心の銀行系カードローンを更に詳しく調べる

リンク集